はじめまして!
島暮らしのカウンセラーの山中じゅん子ともうします。
2021年7月1日に、Zoomやメールで相談ができる「1980年代生まれのためのオンライン対話 みずうみ」をOPENします。

今日は、自己紹介と「みずうみ」のことを書いてみようと思います。

私は現在、島根県の離島 隠岐の島に住んでいます。2019年の秋に、18年間暮らしていた仙台より住まいを移しました。1980年生まれで、現在40歳です。

「大人になったら結婚してお母さんになるのだろうな」となんとなく思っていましたが、年をかさねてもそういう流れにならず、「結婚も出産もしないなら、これからどんなふうに生きていきたいかな」と考え、勇気を何度か振りしぼり、長年つとめた会社を辞め、思い出がたくさんある仙台を離れました。

島に来た理由はたくさんありますが、大自然のそばに行きたい、島で暮らしている自分を見てみたい、今持っているものをいったん全部置いてみたい、そんな感じです。

ゆっくり時間が流れる島で暮らすことにより、自分が何に喜びを感じ、何は我慢できないのか、何を生業として、どんなふうに生きていきたいのか、そんなふうに自分の本心と向き合うことができました。そうしたら、自然に、カウンセラーとして起業する流れがやってきました。今回は勇気はあまり使わず、ただ、自分を信じてみたのかなと思っています。

砂浜でアーシング
AM9:00 砂浜でアーシングをしました

「みずうみ」のブランド・アイデンティティは、「だれもが自分の本心に沿って生きる世界」です。

情報化社会により、家にひきこもっていても容易に「他のひと」が目に入る時代。その分、ほんとうの自分を置き去りにしてしまったりするんですよね。

誰もが自分の内がわに、透明で、うつくしく、おだやかに凪いでいる湖があるんです。もしも、湖へ向かう道が雑草や藪でおおわれていたり、水がにごっていたら、一緒に汗をかいてきれいにしたいと思っています。そして、あなたの湖のほとりにクロスを広げ、寝転がって空を見たり、ビールやサンドウィッチを楽しむのも素敵です。

現在、みずうみで提供しているサービスのメインは、ちまたの言葉で言うと「オンラインカウンセリング」ですが、理想や夢の実現、起業をサポートするメニューも準備中です。これから、ブログやSNSで発信していきます。どうぞよろしくお願いします。