こんにちは。
1980年代生まれのためのオンライン対話 みずうみ のカウンセラー 山中じゅん子です。

サラリーマンをしていた3年前までは、1年に2回ほど、離島への旅をしていました。初めての島旅は、瀬戸内海の直島。1番足を運んだのは、日本の最南端、波照間島。

2年前から島根県の隠岐諸島で島暮らしをしていますが、ここに来たら不思議と旅に行きたい欲求が少なくなりました。以前の私にとっての旅は、大自然と、非日常を求めるものだったのですね。今はそれが日常になっています。

ちなみに今は、遊びに行くとしたら街へ行きたいです。雑貨屋さんで、レターセットやマスキングテープを買って、立ち飲み屋さんでレモンサワーを飲みたいです。

そうそう。出張などで年に数回本土に行くと、コンビニエンスストアにときめきます。行くたびに、ラインナップやパッケージが変わってるのを見て、新鮮さを感じます。

ここは、沖縄県の久米島。無人島のはての浜です。

さて。今日は、悩み相談でよく聞くフレーズの話をしたいと思います。
それは、「何て言って辞めたらいいですか?」というものです。

分かりますか?会社やバイトがつらいので、辞めたい。けれど、入ったばかりだし、後任がいないし、周りは忙しそうだし、辞めるなんて言いづらい。そもそも辞めるって言ったら、どんな風に思われるだろう・・。

「何て言って辞めたらいいですか?」と悩んだことがある人は、周りに気配りができる優しい人です。「私は優しい人なんだな」って思ってくださいね。

でも、「何て言って辞めたらいいですか?」で悩んでいるうちは、幸せにはなれないです。

どうしてかというと、これって、考え方の軸が他人にあります。「辞めるって言ったら、どんな風に思われるだろう?」って思っていますよね。そして、会社やバイト先の人を「納得させなければならない」と思ってます。

自分が何かを感じたり、考えたり、行動したかったりする時。そのことを相手に伝える必要がある時。

どんな時であっても、相手を納得させる必要はありません。
あなたの思うことを正直に伝えるだけでいいんです。

そして、言いにくいことを伝える時、主語を「私」にすると、相手に伝わりやすくなります。これは、わたしも、普段からけっこう意識してやってます。
(アイ・メッセージという手法です。)

例えば、あなたの職場で、いつもあなたをからかってくる先輩のAさんがいます。

Aさんは、いつも、あなたを馬鹿にしたような口調で声をかけ、しかも、あなたのことを、「あんた」と呼んできます。「あんた」って呼ばれるの、嫌です。

Aさんにとっては、じゃれ合っているような雰囲気で悪気はなさそうですが、あなたははっきり言って、毎回傷ついています。

さて。今日、あなたは仕事で忘れ物をしてしまいました。仕事に支障をきたすようなミスではなかったのですが、いつものようにAさんにこんな風に言われました。

「あんたは、いつもとろいな~。凧の糸みたいやな~。」

あなたは、忘れ物をしたことにも少しショックを受けているのに、Aさんの言葉に涙が出そうです。今日こそ、Aさんに言ってやろう!と思いました。

こんな感じの例題ですと、

×「何でそんな風に言うんですか!そもそも、”あんた”って、社会人が言いますか!」
〇「そんな風に言われると(私は)傷つきます。”あんた”と呼ばれるのも(私は)好きではありません。」

という感じです。「わたし」を主語にすると、自分の想いがまっすぐに伝えらるんですよね。×のパターンだと、Aさんは責められたように感じ、喧嘩になってしまうかもしれません。

ちょっと話が長くなりましたが、「何て言って辞めたらいいですか?」も同じことです。

「私にとって、今している仕事は難しすぎて続けていくのがしんどいです。」
「もうこの仕事に情熱が持てなくなりました。今はいったんリセットして休みたいです。」

どれでも、何でもいいです。

「わたし」を主語にして言うだけ。
相手を納得させようと考えるのではなく、わたしの気持ちを伝えよう、と考える。

相手がどう思うかは、それは相手の自由。あなたはあなたの気持ちを守ってください。

ちなみに、最近まったく同じことが自分でもあって。

とあるきっかけがあって、病院に「人間ドック」の申し込みをしたんです。
私はあまり内容を読まずに何となく申し込んだのですが、いざ直前になって、人間ドックのメニューを見てみると、自分の望んでいたものがなかったりして、今は必要ないように思えました。しかも、隣の島まで交通費をかけて行かなくてはいけない。「めんどくさいな・・」と思い、やめたくなりました。その時、近くにいた知人に、「ねえ、何て言ってキャンセルしたらいいかな・・」と話しかけていました(笑) 

わたしも、迷惑をかけちゃいけない、正当な理由で納得してもらいたい、と思いがちな人みたいです。

(人間ドックは、”申し訳ありません。都合によりキャンセルさせてください”だけ伝えました・・。)

おわり。

*この記事はnoteFacebookでも読めます。
PodcastYouTubeで音声配信もしています。