私たちが人間として生まれてきたということは、他人と関わる必要があり、人と正面から向き合うことも時には必要ですよね。好きな人ばかりではなく苦手な人も存在するし、言いたいことが言えなかったり、コミュニケーションの行き違いや自分の繊細な反応に思い悩むこともあります。

たとえスピリチュアルな叡智をたくさん持っていたとしても、人に自分の意思を伝えることができないと、望まない孤立や我慢が発生するもの。それは自分にとって生きづらいこと。だから、自分の思っていることを言葉にして伝えることはすごく大事。これはある意味、コミュニケーションの訓練でもあります。「アイメッセージ」だとか伝え方や話法のテクニックを学ぶことも自分の助けになります。

傷ついたことに対して意思を伝えるときには、インナーチャイルドの点検や癒しも必要。自分の意思は尊重されるものであることを、きちんと自分で理解しておく。誰よりも、自分自身が意思を愛し、尊ぶということ。勇気を出して正直に考えを伝えられると、自分を大切にできたかのようなあたたかい安心感に包まれ、自己受容が進みます。


■(Next)感情を愛する
■戻る


みずうみ
https://mizuumi1980.com/